So-net無料ブログ作成
検索選択
八重山諸島 ブログトップ

西表島旅行 その3 浦内川 [八重山諸島]

船浮の後は、浦内川ジャングルクルーズに参加しました。
P1271371.jpg
浦内川は、沖縄最長の河川で、流域の大半が西表石垣国立公園に含まれており、人の手が入っていないまさにジャングルでした。
P1271375.jpg
約10mのボートに乗ってガイド兼ドライバーの案内で片道約30分をかけて上流に向かいます。
P1271377.jpg
希望者は、そこからトレッキングで日本の滝100選にも選ばれた「マリユドゥの滝」と神の座を意味する「カンビレーの滝」に向かいますが、疲れることが苦手な私たちは、そのまま乗って来たボートで引き返しました。
P1271385.jpg
道なども全くない人を寄せ付けないジャングルでしたが、ボートで手軽にその一端でも垣間見ることができ、また、行きのボートは貸切、帰りもトレッキングを終えた観光者4名が増えたのみで、トレッキングをしなかった私たちでも大自然を堪能できました。
P1271367.jpg
ボート乗り場には、こじんまりとした資料館があり、流域の動植物の紹介や今は廃墟となった宇多良炭鉱跡、稲葉集落跡等の展示もされていました。


浦内川観光のホームページ
http://www.urauchigawa.com/index.html
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

西表島旅行 その2 船浮 [八重山諸島]

前日に石垣島を離れることができない私を尻目に、西表島北部干立地区のイルンティフタデムラに1人で泊まった家内ですが、私は、朝8時石垣港発の離島フェリーで西表島に渡り、ペンションで家内と合流、空海レンタカーで車を借りて(2,500円)、今回は主に秘境を求め島内散策をしました。

先ずは、西表島最西端に位置する船浮です。
P1271308.jpg
船浮は、隣の白浜集落からは約4km離れていますが、山が険しいため道路が整備されておらず、同じ島内にありながら、船が唯一の交通手段となっています。
P1271362.jpg
10時55分発の船浮海運の離島フェリーで白浜から約10分で到着。

桟橋でもやいとりをしていたのは、何と!!作業服姿の シンガー 池田 卓さん。

【池田 卓さんのホームページ
http://www.suguru-i.jp/top.html 】

桟橋でびっくりしていると「卓は船浮海運の息子さ~」と親切な地元の方。

地元の方はいつものことなのか無反応、少ない観光客も私たち以外は知らないようで何もなかったように解散。

ある意味、びっくりです。

集落は半径100m以内にまとまっているような小さな村でした。

数軒のお店を外から眺めながら集落の端にある「かまどまの碑」に到着。
P1271309.jpg
かまどまは船浮に住んでいた美女で、彼女と船浮に赴任した役人との恋物語は民謡「殿様節」として謡われています。

すぐそばに、船浮御嶽と船浮小中学校がありました。
P1271316.jpg
船浮小中学校は、この地区でも最も小規模な学校と思いますが、おそらく生徒は2人のみ。
P1271314.jpg
【船浮小中学校のホームページ 
http://painushima.jp/~hunaukiko/ 】

端まで来たので引き返すと「東郷平八郎上陸の地」の看板が目に
P1271355.jpg
露戦争時代の1904年に東郷平八郎が、船浮に上陸し休息したとのこと。

今でも船浮湾は、多数の係船ブイが設置された避難港であることから、この話にも納得。

後にロシアのバルチック艦隊を撃破し、英雄となります。

次に、集落の中央部に戻り、看板の示す方向へとイダの浜に向かいました。

看板には500mと表示されていましたが、1km以上あったと思います。

山道を登っていくと、途中、昔から飲み水や生活水として使用されていた湧水の「上の川(ウイヌカー)」がありました。
P1271324.jpg
西表島は、昔から比較的に水には不自由していなかったようですが、昔ながらの雰囲気が伝わってきました。

体力のない私どもがやっとのことでたどり着くとそこには絶景のイダの浜が広がっていました。
P1271332.jpg
人は誰もおらず、天気も回復して、空と海と浜と緑のコントラストが本当に感動ものでした。

八重山で見たビーチの中でも一番を争うビーチでした。

集落に戻って、ふねっちゃーぬ家で昼食。

【ふねっちゃーぬ家関係ホームページ
http://www.funauki.com/web/ 】

メニューはソーキそば(750円)のみでしたので、それを注文。
P1271356.jpg
秘境ですが味はまずまずです。

お店の方と雑談すると、
・ 池田 卓さんは親戚。忙しいが家は船浮にあり、久し振りに昨日帰ってきた。
・ イリオモテヤマネコは夜行性のためあまり見ることはできないが、昨日、親戚の畑を荒らし、姿を見せた。
・ 給水塔が整備され、断水することはない。
・ 台風以外にフェリーが欠航することもない。
・ 地デジ化以降テレビもよく写る。
・ 携帯電話もドコモ、AUは問題ない。
・ 皆船を持っていることからも道路を整備して欲しいとは思わない。
など。

帰りフェリーの時間が迫るなか、お店の人にうかがって、イリオモテヤマネコ発見、捕獲の碑へ。
P1271357.jpg
かまどまの碑の直ぐとなりでしたが、あまりにも目立たず素通りしていました。

1974年に鶏を襲って小屋に入ったところを捕獲されたようですが、山中ではなくこんな海辺にびっくりです。

最後は、琉球真珠養殖場と日本軍の壕を足早に見て、12時50分のフェリーで船浮をあとに。
P1271359.jpg
約2時間を十分に楽しみました。

なお、出港時のもやい放しは、船長1人でできるようで池田 卓さんは不在でした。
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

西表島旅行 その1 干立村 [八重山諸島]

16:10発の船で西表島に行きました。上原行きが欠航だったので、大原から船会社のバスで希望の場所で降ろしてもらいました。
P1271294.jpg
一緒に泊まる予定だった友人が来られなくなり、キャンセルも考えましたが、一人でも泊まってみたくて宿泊したのは干立村公民館経営の「イルンティフタデムラ」です。

【「イルンティフタデムラ」のホームページ

http://www.hutademura.org/ 】

1棟貸しで、広々とした木造の別荘のような風情です。
P1261229.jpg
県民割引で素泊まり4,500円でした。


管理棟からは徒歩5分ほど。鍵を渡された後は、自由に過ごしてね、でも何か問題があったら言ってきてね、という距離感が快適です。


夕食は事前にホテルから頼んでもらい、「しこや」で2,000円で準備してもらいました。
P1271291.jpg
ホテルの管理人さんに希望の料理を尋ねられ、西表らしいものをお願いしていました。
P1261233.jpg
お刺身。右側はイノシシ肉です。
P1261235.jpg
イノシシ汁もありました。

その他、魚の唐揚げ、ポーク卵、デザートにパインが出てきました。


ホテルまでは徒歩6分ほどです。ホテルには20時前に戻りましたが、とても静かで自分が枯葉を踏む音も大きく感じられます。
P1261238.jpg
部屋にテレビがないので時間を持て余すかと思いましたが、シャワーを浴び、部屋に置いてあるパンフレットを読み、持って来たドリップコーヒーを淹れ、お菓子を食べて手芸をしていたらあっという間に午前1時になっており、驚いて眠りました。

テレビを見ない夜は何年ぶりか思い出せないほど久し振りです。テラスでは暗闇とカエルの合唱を堪能しました。


次の日は6:45に起床し、7:30から海の家「南ぬ風」で朝食です。
P1271287.jpg
ここもホテルから予約してもらっていました。
P1271288.jpg
コーヒー付きで1,000円でした。
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

竹富島観光 2 [八重山諸島]

竹富島でも少々はずれにある「星のや」は私有地内立ち入り禁止です。
taketomi02-db5ce a.JPG
入口だけ撮りました。
taketomi02-db5ce b.JPG
島の中心部に少々近づくと、牛が3頭自由散歩していました。
taketomi02-db5ce c.JPG
美女安里屋(美女クヤマ)の生誕地。
taketomi02-db5ce d.JPG
中心部に帰ってくると仕事を終えて家に帰る水牛。
taketomi02-db5ce e.JPG
竹富島滞在時間は3時間、船代は2人往復で2,560円でした。
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

竹富島観光 1 [八重山諸島]

1月5日はランチ後、13:30分発の船で竹富島に行きました。

10分で到着です。たったの10分で雰囲気の違う島への小旅行が楽しめます。

友利レンタサイクルで1時間300円の自転車を借りてまずカイジ浜(星砂の浜)へ。
taketomi01 a.JPG
皆さん星砂を探していました。
taketomi01 b.JPG
西桟橋にも訪問。
taketomi01 c.JPG
アイヤル浜からは石垣島のサザンゲートブリッジが見えました。
taketomi01a.jpeg
taketomi01 d.JPG
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

波照間旅行 [八重山諸島]

波照間島に日帰りで遊びに行ってきました。

午前8時30分石垣港発、午後4時50分波照間港発の安永観光の高速船(往復割引5,700円/人)を利用、往路、復路ともにかなり混雑していましたが、波は穏やかで片道1時間程度の快適な船旅でした。

特に往路は、同社が企画している波照間島と付近の離島を1日で巡る周遊観光と重なったらしく、2隻の高速船が運航していました。

この時期、空模様が心配でしたが、午前中はどんよりとした曇り空、午後は陽射しもでてまずまずの天気でした。
hateruma a.JPG
南の島の醍醐味として、自然の天候を楽しむ方も多いと思いますが、私どもは雨や猛暑の中での島内観光は無理と判断し、レンタカー(6時間4,000円。ガソリン代を含む。)を手配しました。

レンタカーは、エアコンは一応効きましたが、会社名が入った営業車様の軽自動車でラジオなし、右後部ドアのドアノブなし、左後部ドアの窓が半開きのまま動かずの状態で、これほどの状態のレンタカーは海外を含めて初めての経験でした。

私たちが訪れた主な名所

 コート盛
   港から丘に向かってあがったところにある琉球王朝時代の火番所
 浜シタン群落
   町指定の天然記念物
 底名溜池展望台
   島の南西部に位置(場所がわかり難い。)
   マングース(?)2匹を発見(滞在中に計3匹を発見)
 ペムチ浜
   島の南部にある白い砂浜で星の砂もあり
   遊泳できず、人影もなし
 日本最南端の碑
hateruma c.JPG
 星空観測タワー
   HP:http://haterumajima-hosizora.jp/
   入場料400円
   昼間の見学は、星空に興味がある方以外はお勧めできない
   付近の子ヤギとの戯れは楽しい
IMG_2741.jpg
 高那崎
   断崖絶壁と打ち寄せる波の景色
IMG_2726.jpg
 可倒式風車
   日本初の可倒式風車2基
   1基は倒して点検中
IMG_2759.jpg
 波照間島灯台
   海岸ではなく島の中腹にあり
 名石集落、冨嘉集落
 ニシ浜
   エメラルドグリーンの透明度の高い海、サンゴ礁と白い砂浜
   遠浅のためさんご群まで歩いて到達可能(干潮時がお勧め)
   少し肌寒かったもののゴーグルと短パンで遊泳
   トイレ、シャワー設備あり
hateruma b.JPG
IMG_2767.jpg
IMG_2769.jpg
IMG_2771.jpg

昼食は、名石集落にあるカフェあとふそこでなんこつソーキ丼(700円)と野菜そば(650円)を注文
hateruma e.JPG
緑に囲まれた庭で食べる料理は南の島ならではの雰囲気でした。
hateruma d.JPG
木曜日のため定休日のお店が多いためか、店内はかなり賑わっていました。
hateruma f.JPG 

 
   
   
 
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

与那国旅行(ホテル・食事編) [八重山諸島]

yona01.jpeg
与那国島ではアイランドホテル与那国に宿泊しました。用意された部屋は、海側で空港と海を見ることができ、また、ベッドも3つある広い部屋で思った以上に快適でした(写真左上)。

せっかくなので夕食は外で食べることとし、朝食付きのみとしましたが、朝食は、ビュフェ形式、セルフ後片付けで豪華とはいかないまでも最低限のものは用意されていると感じました(写真左下)。

到着した日の昼食は、空港のレストラン旅果報で与那国そば(おにぎり付き 通常700円のところランチで600円)を注文(写真下中央)。石垣島と特段違いは感じませんでした。

夜は居酒屋と考えていたところ、祖内では、国境(はて)は定休日、どぅーらいは駐車する場所がなく、結局、どぅぐいわり(写真右下)でとりましたが、店内は満員で私たちの後に来た若者は満席のため入店を断られていました。

シーフードチャーハン、焼きそば、焼き鳥、ビール少々を注文(計約3,000円)。メニューにはカジキや沖縄の海の幸もありましたが、西の果てでもいつもと変わりばえのない夕食、それなりに堪能しました。

翌日の昼食は、本来夜に行きたかった国境(はて)で味噌汁(500円)と焼きそば(700円)を注文(写真右上)。沖縄尚学の高校野球を見ながらの昼食でした(勝ったら盛り上がったと思います。)。

石垣島は人口の割りにホテルやレストラン等が際立って整備され、便利だと感じていますが、あらためて宿泊事情、食事事情の違いを感じました。それだけ素朴ともいえます。
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

与那国旅行(生き物編) [八重山諸島]

石垣島でも人と動物の距離が近いと感じましたが、与那国島はもっと身近でした。
IMG_2488.JPG
私も田舎育ちで、故郷ではたぬきやいのししなど色々な動物を飼ったことがありますが、牛や馬やヤギにこれほど近づいた経験は初めてです。

観光名所に向かう道路は牧場の中にあり、テキサスゲート(家畜は嫌って通らない仕組み)も初体験でしたし、放牧された牛にこれほど自由に近寄れるところもそうはないと思います。

ヨナグニウマふれあい広場でかわいい与那国の馬と愛想のよい愛犬に触れあうことができますが、東崎展望台付近でも牛や馬がのんびりと放牧されていました。
IMG_2486.jpg
観光用ではないため、安易に接近することはできませんが、なかには興味を持って近寄って来てくれるかわいい馬もあり、十分に身近に感じることができました。ティンダハナタの牛は、にらみがきいて少し恐怖を感じましたが、東崎展望台付近の牛は、懐いてはこないもののかわいらしさがありました。

ヤギは、ホテル(アイランドホテル与那国)にも親子2匹がつながれていましたし、太い路地から1歩入るといたるところで戯れることができました。小ヤギはつながれることもなく、親ヤギの付近に自由に放たれています。
IMG_2457.JPG
特に生き物に興味を持って訪れたのではないのですが、旅行中に目にしたほかの生き物は次のとおりです。
IMG_2493.JPG
ヤエヤマイシガメ(宇良部岳付近、ティンダハナタの2回)
キシノウエトカゲ(約30僂離肇ゲ 南牧場付近の道路)
タイワンツチイナゴ(さとうきびを食べる大きなバッタ ティンダハナタ)
カンムリワシ(ティンダハナタ)
オオゴマダラやその他の蝶(宇良部岳付近)
普通のやもり
多数のつばめ(石垣島ではまだ見た記憶がありません。東崎付近)
人里離れた農道脇にたたずむ多数のネコ(どこでエサを調達しているか不思議です。)

【番外編】
小雨の中ティンダハナタの展望台の奥でギターを弾く若者(ティンダハナタ)
立派な昆虫採取用の網を持った人2人(宇良部岳付近)
保護者、生徒の前、自分のリュックサックを置き忘れて航空機に搭乗しようとする校長先生(与那国空港)

なお、ヨナグニサンなどを展示しているアヤミハビル館の方の話しによると与那国島では、カラスとハブとスズメ蜂はいないとのこと。

また、ヨナグニサン(日本最大の蛾、準絶滅危惧)の成虫の期間はわずか約10日ですが、22日の朝に付近で見つけたとうれしそうに写真を見せて頂きました。今がちょうどの時期で去年よりも約2週間早いのではないかと言われていました。
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

与那国旅行(名所編) [八重山諸島]

石垣島に住んで1年。とうとう念願の与那国に行くことができました。(家内は2回目)
IMG_2417.JPG
初日はあいにくの小雨まじりの天気でしたが、2日目は晴れて日焼けするほどの好天で旅行を楽しみました。

ダイビング、乗馬目的の方も多く、また、昆虫採取(?)が目的の方も散見されましたが、私たちはもっぱら観光目的で名所をレンタカーで巡りました。



私たちが訪れた主な名所

 ティンダハナタ(写真左上)
   切り立った崖の展望台
   崖の最上部へは牛に阻まれ初日は断念 2日目は成功
   (100m以上も牧草地を牛の糞を避けながら進む必要あり 絶景ですが絶壁は恐怖)
yona02 a.JPG
 東崎(写真右上)
   灯台と海と牛・馬の織り成す眺めは最高
yona02 b.JPG
IMG_2471.JPG
 立神岩
   島の南東部沖合いに突起する高さ30m程の岩礁
   神の岩として地元の信仰の対象
 Drコトー診療所
   ドラマのロケ地 入場料大人300円
IMG_2437.JPG
 西崎(写真左下)
   日本最西端の碑 あいにくの小雨のため夕日は見れず
yona02 c.JPG
 久部良バリ(写真右下)
   人べらしのため妊婦をとばせたという悲話が語りつがれている岩の割れ目
   雨のため滑る・暗く不気味度合いアップ
yona02 d.JPG
 宇良部岳
   与那国島の最高峰 ヨナグニサン生息地
   (よほど興味のある方以外はお勧めできないところです)
 アヤミハビル館
   ヨナグニサンや与那国などの動植物の紹介や生態展示 入場料大人500円 
   http://www1.ocn.ne.jp/~attacus/
IMG_2502.JPG
 ヨナグニウマふれあい広場 
   乗馬はしませんでしたがその名の通りふれあえました
   http://www.yonaguniuma.com/yonagunitop.html

 なお、海底遺跡は興味がありましたが、時間の関係で次回旅行に持越しです。
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

黒島 牛まつり [八重山諸島]

2月の第四日曜日は、黒島で牛まつりが開催されますが、今日24日、その牛まつりを見学しました。
kuru 1.JPG
黒島は、石垣島から高速艇で約30分のところにあるハートの形をした自転車で島内を一周できる小さな島ですが、人口約220人に対して、牛の数は3,000頭を越え、また、産卵のためにウミガメが上陸することでも有名な牛とウミガメの島です。
kuru 2.JPG
牛まつりは、牛の島ならではの手作りイベントで、当日は約3,500人もの人が島を訪れ、牧草ロール転がしや牛の抽選や牛肉に関する屋台が賑わいます。
kuru 4.JPG
そのほか、沖縄芸能や動物とのふれあいコーナー等もありました。食事券で引き換えた牛のももステーキはさすがに非常においしかったです。
kuru 3.JPG
黒島までのチケットは、ドリーム観光の石垣・黒島往復乗船券(2,700円 1等は牛が当たる抽選券、食事券(約800円分程度)、手ぬぐい付)を利用しました。

安栄観光及び八重山観光も同様のサービスを提供しています。残念ながら抽選には全てはずれましたが、景品の1つ石垣-沖縄航空券チケットには約20番違いでおしい思いもしました。

午後1時半頃に行ったためか、往路はそれ程混雑していませんでしたが、復路は、牛の抽選まで留まり、その後、猛ダッシュで帰路についたにもかかわらず、相当に混雑しており、後ろを見ると100m程度の行列ができていました。

まつりは非常に楽しめましたが、帰りのタイミングを間違うとのどかな南の島で思わぬ渋滞に巻き込まれてしまいます。

(写真は一等賞の牛など。牛が当たるお祭としては、学問の神様である菅原道真を祭っている山口県の防府天満宮もあります。)
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感
八重山諸島 ブログトップ